広島は英会話学習のアウトプットに一番適した都市だった!

>

英語を勉強しようと思い立ったら、とりあえず本やCDを購入して独学での学習を始めたり、もしくは英会話スクールに通い始めたりすることが一般的ですよね。
そうしてある程度、英語に慣れたら教室から飛び出して、実践の場で使わなければなりません。英会話に限らず言語とはインプットするだけでは話せるようにならず、アウトプットをすることにより上達するものだからです。

英会話のアウトプットトレーニングを行ううえで、仕事場に外国人がいる人は英語の話し相手を探すのに困らないでしょう。広島は業種における製造業の割合が全国でも高い県となっています。製造業はいまやグローバル体制の経営となっているので、職場に外国人がいたり、職場で英語が飛び交っているという光景はめずらしくはありません。

それでは、英語を全く使う機会のない職種の人達はどうしたらよいでしょうか?英会話の実践の為に海外旅行をする?でも、そんなに頻繁にはできませんよね?

ご安心下さい。わざわざ留学や海外旅行をしなくても、広島県内に留まりながらも英語をバンバン使う事ができるのです。

じつは広島は全国でも英会話を上達させるのに最適な条件の整った都市だからです。

広島県への外国人旅行者の数

まずは下のグラフを見てください。

hiroshima_20160610

 

1990年以降、広島に旅行に来る外国人旅行者の数は年々増え続けています。さらに2012年以降は大きな伸び率となり、2014年は年間105万人もの外国人旅行者が広島に訪れています。インバウンドを中心にした観光産業の強化は日本政府の方針ですので、今後もこの傾向は続く事が予測されています。105万人という数字は東京や京都に比べると少ない数字になるのですが注目すべきはそこではありません。

 

広島に旅行に来る外国人は日本人と交流をしたがっている。

外国人に最も人気の高い場所は東京と京都です。そしてその2都市を結んだルートはゴールデンルートと呼ばれており、外国人の観光消費の恩恵を受けています。広島はそのルートの先にあるのですが、残念ながら、初めて日本に来る外国人を広島まで効率的に呼び込めておらず、地域活性化対策上の課題の一つとなっています。

それではどのような人達が広島に訪れているのでしょうか?

hiroshima_20160610_2

それは、リピーターです。一度定番の観光コースをツアー旅行などで一通りまわった人達が、もっと違う場所に行きたい、違う体験をしたいということで広島に来ています。
広島にくる旅行者は個人手配で訪れている人が多いのです。すなわち、日本のローカルをもっと知りたい、日本人とコミュニケーションをとりたいと思っている人達が多いのです。

もちろん、いきなり街を外国人に声をかけることは大変の勇気のいることですし、声を掛けたのは良いものの、うまく会話が出来なかったらどうしようという不安もあるでしょう。

しかし、彼らは、こちら側の英会話力なんて全く気にしていません。なぜなら、広島に限らず日本のほとんどの場所では未だに英語で話しかけると敬遠されることが多いからです。

そのため、日本では気軽に話しかけてはいけない文化なのだと勘違いしている人もいます。

英語がつたない状態であれ、彼らを手助けしようという気持ちに対して非常に喜んでもらえます。

そしてそれが出来る最適な都市が広島なんです。

広島駅の前では、多くの外国人が地図を片手にキョロキョロしていますよね。
是非、彼らに声を掛けてコミュニケーションをとってみて下さい。

英会話力の向上はもちろんのこと、彼らの日本での経験と印象をより良いものにしてあげることができるのです。

Pocket

By

広島は英会話学習のアウトプットに一番適した都市だった!

英語を勉強しようと思い立ったら、とりあえず本やCDを購入して独学での学習を始めたり、もしくは英会話スクールに通い始めたりすることが一般的ですよね。そうしてある程度、英語に慣れたら教室から飛び出して、実践の場で使わなければ ...