大学を操業して、就職とほぼ同時に英会話を学び始め、10年が過ぎました。

その間ずっーと、英会話を習うということに違和感を感じていました。

最初の頃は様々な英会話スクールに行き、何の疑いもなく、テキストを使った会話の練習をしていました。

初級のうちは「私の名前は、、」「私の趣味は、、」「私の家族は、、」など日常会話を話す練習をするのですが、つまらないなぁ~という気持ちを押し殺しながらやっていたような気がします。

最近になってやっと、何がつまらなかったのかが分かったような気がします。

それは、自分がその会話をすることに情熱をもてなかったということです。

最初のうちこそ、外国人に面と向かう緊張感や、言葉が通じたという達成感で面白さを感じていましたが、繰り返すうちに最初のドキドキ感はなくなり、作られた会話をさせられているような気持ちになっていっていました。

それも英会話を使って何かをするという訳ではなく、英会話の学習自体を目的としたものだったからです。

よく言われることですが英語はあくまでツールです。

そのような意味では、英会話を学習するにせよ、英語をツールとして使うことことで何らかの目的を達成するというスタンスで進めるべきだと思っています。

このウェブサイトではその試行錯誤の取り組みについてご紹介できればと思っています。

Pocket

By

はじめまして!

大学を操業して、就職とほぼ同時に英会話を学び始め、10年が過ぎました。 その間ずっーと、英会話を習うということに違和感を感じていました。 最初の頃は様々な英会話スクールに行き、何の疑いもなく、テキストを使った会話の練習を ...