英会話力を身につけるために必要なスタンス

>

目的を明確にする

「英語を勉強する」ということ自体を目的に勉強しても、長続きするものではありません。
なぜなら、英語の勉強自体はそんなにエキサイティングなものではなく、さらに英語は上達を実感できるまでに相当の時間を要するからです。
また、どんなに英語学習に対するモチベーションの高い方でも、長い人生の中では「英語を勉強する」ことより優先度の高いイベントが幾度となく訪れます。その中で、最初に持っていたモチベーションを数十年持ち続けるということはなかなか容易なことではありません。

英語を使って何がしたい?
ですので、「一日何時間勉強する」とか、「毎日かかさず勉強する」などということにコミットするのではなく、まず英語を使ってやりたいことを明確にするほうが、学習を継続しやすく、結果的に英会話力を習得しやすいです。

例えば、
「海外と関わる仕事に携わりたい」
「旅行先で友人を作りたい」
「映画を字幕なしで見れるようになりたい」
「留学したい」
「英語を使ってオンラインで海外の大学の授業を受講したい」
など目的は人それぞれに様々だと思います。

 

目的は大きく

更に、その目的は、大きければ大きいほど良いと思います。
時には英語よりももっと大事なことを優先して、一時的に英語の勉強を中断することも起こりますが、大きな目標や夢があればこそ、そのモチベーションによって学習を再開できるからです。

 

目的は変わっても良い

最初に設定した目的は変わっても良いと思います。
むしろ、その時々の自分の状況により変わるものだと思います。
「英語ができるようになればいいなぁ~」とおぼろげに思うだけでなく、
英語が出来ることで可能になること、やりたいことを想像しみて下さい。それが目的になるはずです。

 

コツコツやる

やる気になって本やCDを購入して学習を開始したとして、それが1週間ほど続くかもしれませんが、それを1年、10年と続けるのは大変です。
最初に気合でスタートすると1度さぼったりしてしまった時にすべてを投げ出して、諦めてしまうということにもなりがちです。
ですので英語の学習開始時の勉強量は少ない方が良いです。そして英語学習が習慣化してから、必要に応じて増やしていけば良いです。

Pocket

By

英会話力を身につけるために必要なスタンス

目的を明確にする 「英語を勉強する」ということ自体を目的に勉強しても、長続きするものではありません。なぜなら、英語の勉強自体はそんなにエキサイティングなものではなく、さらに英語は上達を実感できるまでに相当の時間を要するか ...